コンドロイチンは医薬品扱い?

グルコサミンと違い第三類医薬品になるそうです

グルコサミンとコンドロイチンは、よくセットで関節痛の人に推奨されるそうです。

なぜなら、グルコサミンが軟骨を生成し、コンドロイチンがそれを適正に維持してくれるという、両者の連携プレーが働いてこそ、関節痛の改善につながるからです。そのため、両者が含まれたサプリメントも結構販売されています。

しかし、グルコサミンとコンドロイチンは、実は、医療法上の分類が違っています。

詳しく言うと、グルコサミンは栄養補助食品である一方、コンドロイチンは第3医療品ということになっているんです。てっきり、軟骨成分を生成するグルコサミンの方が、コンドロイチンよりも高い地位にあると思っていたので、ちょっと意外でした。

では、このカテゴリーの違いは何に影響するのかと言うと…医療費控除を受けられるか否か、という点。なんでも、医療品であるコンドロイチンは医療費控除を受けられるのですが、栄養補助食品でしかないグルコサミンだと、それが不可能なのだとか。

そうなると、金銭的負担は、グルコサミンの方がかかる事になるかもしれません。

でも、コンドロイチンでは、軟骨の擦り減りは防止できても、軟骨自体の生成はできないんですよね。となると、関節痛が顕在化する前に、早めにコンドロイチンを飲み始めるのが、経済的には一番良いんだと思います。

もう少し詳しく調べてみないとわからない部分もありますが、体の材料となるグルコサミンは、栄養として扱われ、軟骨の潤滑性を高めて関節にかかわる症状の緩和に繋がるコンドロイチンは、対症療法に当たるから医薬品という感じなのかなと思いました。