コンドロイチンの同時摂取が大切

グルコサミンだけでなくコンドロイチンも同時が良いらしい

関節痛が心配な人は、グルコサミンだけでなく、コンドロイチンも同じタイミングで摂取した方が良いそうです。なぜなら、コンドロイチンもグルコサミンと同じくらい、関節の健康に重大な貢献をしてくれるからです。

しかし、グルコサミンと同じように、軟骨成分を作り出してくれるわけではありません。そのため、コンドロイチンだけを飲んでも、あまり関節痛の改善は見込めません。

特に、高齢者の本格的な関節痛は。では、実際のところ、コンドロイチンはどのような効能を持つのでしょうか?

それは、軟骨のキープ、です。なんでも、軟骨に水分を与えることで、すり減りを抑制してくれるのだとか。潤滑液としての働きという感じでしょうか。
軟骨のクッション性や柔軟性を維持できるという表現でも良さそうです。

グルコサミンだけでなく、コンドロイチンも摂取すべきと言われる理由がよく分かりました。せっかくグルコサミンで軟骨が修復されても、そのそばからすり減ってしまって行っては、まったく意味が無いですから。

ちなみに、コンドロイチンは大まかにいうとグルコサミンから生成されるため、グルコサミンを摂取すれば一応はコンドロイチンも摂取したことになるのですが、あまり十分な量は見込めないそうです。

そのため、サプリメントはグルコサミンだけでなくコンドロイチン成分が含有されるものを選ぶべきとのことでした。