コンドロイチンはグルコサミンより安い?

安いというか医療費控除が受けられる

関節痛のためのサプリメントを飲む場合は、コンドロイチンよりもグルコサミンの方が、改善効果は見込めるようです。

ここに二つの違いがあるのですが、グルコサミンには軟骨自体を回復させる効果がある一方、コンドロイチンには現存する軟骨の水分を保持することでそれ以上擦り減るのを防ぐ効果しか見込めないからです。

ただ、経済的負担の観点から言うと、断然グルコサミンよりもコンドロイチンみたいです。そこは、医療控除の関係などがあるからですが。

しかし、実際の両者のサプリメントを調べたところ、どちらも値段は似たり寄ったりなので、一体なぜコンドロイチンの方が安く済むと言われているのか、とても疑問だったのですが…実は、医療費控除を受けられるそうなんです。

なんでも、コンドロイチンは第3類医療品というカテゴリーに入っている関係上、サプリメントの購入費も後で申請すれば一部戻ってくるのですが、グルコサミンはあくまで栄養補助食品にしか分類されていないため、購入費は全て自己負担なのだとか。

コンドロイチンもグルコサミンも、基本毎日飲まなければいけないことを考えると、この違いは大きいですね。

なので、関節痛の症状が出てからではなく、関節の軟骨のすり減りを心配した方が良い年齢になったら、コンドロイチンのサプリメントを飲み始めるようにしたいところですが、医療控除などを気にするより、どちらも十分な量が一つにまとまっているサプリメントがあれば、一番手軽で良いかなと思います。