コンドロイチンの意外な効能

ヒアルロン酸と同じような肌にうれしい働き

コンドロイチンの効能と言われると、骨関連のものを思い浮かべる人が多いと思います。
実際、軟骨のクッション性を保持してくれるため、関節痛の軽減に良いということで、よくコンドロイチンのサプリメントが推奨されていますし。また、骨形成時の細胞の結びつきをサポートすることで、丈夫な骨になるよう促してもくれるみたいです。

しかし、コンドロイチンの効能は、意外にもそうした骨関連以外のものも多数あります。中でも女性にとってのうれしい効能もあるそうです。

コンドロイチンには強い水分保持力を期待できるため、肌の細胞のみずみずしさを保って弾力のある健康な肌を実現できたり、髪の水分不足を防いでパサつきのない綺麗な状態にしたりできるのだとか。

他にも、血液中の脂肪分を除去することで、血液をサラサラにしてくれる効能もあるため、高血圧の人にも是非お勧めとのことでした。更に、耳内部の細胞のダメージを除去したり耳軟骨を補充したりすることで、老人性難聴になるのを防ぐこともできるそうです。

となると、コンドロイチンは高齢者だけでなく、どの年齢層の人が飲んでもメリットが得られるんですね。

美容と言えば、ヒアルロン酸というイメージですが、こちらも同じムコ多糖類に分類される保湿力に優れた成分です。やはり、名前自体は、違っても似通った働きなんだなという事がわかります。

ムコ多糖類には、更に構造にカルボン酸などの酸性基を包含する酸性ムコ多糖という分類があるらしく、この中に、ヒアルロン酸とコンドロイチンの両方が含まれている事からも肌と関節の健康の繋がりも見えてきます。