コンドロイチンと老人性難聴

関節痛以外にも老化に伴う耳や目の働きを改善

高齢者の中には、関節痛のために、コンドロイチンのサプリメントを飲んでいる人も多いと聞きます。

しかし、高齢者の悩みは、何も関節痛だけではありません。
耳が遠くなるという老人性難聴や、対象物にピントを合わせにくくなる老眼の症状も、年々重くなっていくと聞きます。

近い将来、何も対策しなけえば、私たちもそうなっていく可能性が十分あるという部分をそうした症状を知る事で見直していかなくてはいけない気がします。

しかし、コンドロイチンには、関節痛だけでなく、そうした老人性難聴や老眼に対する効果効能もあるそうです。では、どういう仕組みで、コンドロイチンはそれら2つの症状も、軽減してくれるのでしょうか?

まず、老人性難聴ですが、この原因は、内耳に存在する、音を感じる有毛細胞が、長年音に晒されたせいでダメージが蓄積し、消耗してしまうことだそうです。

しかし、コンドロイチンにはそのダメージを除去する効能があるため、老人性難聴を予防したり改善したりできるとのことでした。次に、老眼ですが、これは、毛様体筋が弱まることで、水晶体を厚くしたり薄くしたりする機能が低下することで、発症する病気です。

そこで、コンドロイチンが毛様体筋の働きをサポートしてくれるため、こちらも一定の予防又は改善効果を得られるみたいです。コンドロイチンには、高齢者に嬉しい効果効能が、たくさんあったんですね。