コンドロイチンで血糖値が上がる?

コンドロイチンの糖尿病に関する副作用

コンドロイチンは、関節を心配した方が良い高齢に差し掛かる前から飲み始めると良いそうです。なぜなら、高齢に突入してしまうと、本格的にグルコサミンの体内分泌量が減る関係上、関節の軟骨がすり減り具体に、軟骨の修復が追い付かなくなるからです。

まだ、残っている内に補っておけば、先延ばしに出来ますが、いざ痛みを覚えてからでは、体のあちこちでコンドロイチンが不足しているかもしれませんから。

早く補おうとコンドロイチンでは足りず、グルコサミンのサプリも併用するとなると、医療費控除が受けられない関係上、出費がちょっと気になる部分でもあります。

そこで、早めのコンドロイチンが大切ということですが…コンドロイチンには、副作用に関して、ちょっと気になる情報もあります。
なんでも、糖尿病の人は摂取しない方が良いとかで。

なぜかと言うと、コンドロイチンは、大まかに言うとアミノ酸で生成される糖の一種だからです。つまり、摂取することで血糖値が上がってしまい、糖尿病治療に悪影響が生じてしまうかもしれない、ということのようです。

実際のところは、そうした心配は不要だそうです。
なぜなら、コンドロイチンを飲んで、大幅に血糖値が上がるという研究データは今のところ無いからです。

血糖値を上げる根本はブドウ糖ですが、他にも、果糖(フルクトース)やこれら二つがくっついたスクロース(ショ糖)の摂取が一番の原因。

これらの糖質では無い事も踏まえて、それを毎日と言えど、サプリメントで一粒や二粒摂取した程度でそこまで影響が出るようには考えにくいものです。

ただし、重度の糖尿病で、血糖値のコントロールが効かない場合は、万一ということもあるため、事前に医師に相談してからの方が良いそうです。